名古屋で相続の相談ならごとう司法書士事務所ではまで!

お問い合わせはこちら

ブログ

名古屋で相続の相談ならごとう司法書士事務所ではまで!

2021/06/10

親切丁寧に手続きをサポートします!

相続登記の相談ならお任せ【名古屋のごとう司法書士事務所】

相続登記の手続きは、相続財産に不動産がある場合はやる必要があります。

不動産の所在地を管轄する法務局へ相続登記の申請をするのです。相続の名義変更である相続登記は死亡届などにより自動的に変更されるわけではありません。相続人が自己の責任で名義変更の登記手続きをするものなのです。

しかし、他の手続きと違って、不動産登記の手続きは厳格で厳しい手続きとなっています。裁判所の手続に近いでしょう。法律が関係することが多いので、そのような性質があると思います。実際、法務局は法務省のことですから。

 

具体的には、戸籍などの相続を証明する書類を集めて、誰が不動産を相続したかを証明するために遺産分割協議書などを作成します。これは自分で集めて、自分で作成する必要があります。つまり、法的な文書の作成が要求されることがあるのです。

一般の方がいきなり、そのような作業をして相続登記申請まで行うのは至難の業かもしれません。

名古屋のごとう司法書士事務所では、相続登記でお困りの相続人の方のために、面倒な戸籍等の書類集めから、遺産分割協議書などの必要書類の作成、最後の相続登記申請の代理まですべてお任せいただけます。丸投げをして安心してお待ちいただけます。

相続登記や名義変更でお困りの際は、お気軽にご相談下さい。

お困りの相続人の方を全力でサポート!

ごとう司法書士事務所のこだわり

名古屋のごとう司法書士事務所では、他の事務所にはない特徴のある事務所運営をしています。

司法書士自身が相続や不動産の専門性を高めるために日々必要な知識の習得に努めています。相続不動産に強い司法書士へぜひご相談下さい。

1 司法書士が相続や不動産が得意

名古屋のごとう司法書士事務所では、何年も前から相続登記名義変更手続きに積極的に取り組んできました。これまでの実績からみなさまに最適な手続きをご提案しています。

また、司法書士自身が宅地建物取引士としても活動しています。したがって、不動産の専門家でもあります。日々不動産売買仲介業務をこなして、売主様のために買主様を探したり、不動産の価格査定、物件調査、不動産売買契約書の作成など不動産取引に精通しています。

相続の場面では、相続人の方が取得する不動産のその後の活用法や生かし方、売却の場合の流れなど相続登記後についても一緒にご相談頂けます。不動産を相続する場面では、登記後のこともとても重要です。名義変更だけで終わりではありません。不動産は何となく所有していても利益を生まないばかりか、固定資産税などのランニングコストがかかりますので。

 

相続登記や名義変更と相続不動産をもう別々の専門家に相談をする必要はありません。

一人の相続不動産の専門家がズバッとお答えします。たらい回しに合う心配もありません。名古屋のごとう司法書士事務所の司法書士が、他の専門家に忖度することなく、相続人の方にとって最良の相続手続きを行っていきます。

 

相続登記や相続不動産でお困りの際は、お気軽にご相談下さい。

2 相談は無料です

相続登記や相続不動産に関するご相談は、専門性の高い相談になるので費用が心配な方もいるのではないでしょうか?
しかし、その心配はございません。名古屋のごとう司法書士事務所では、相続相談をすべて無料で行っております。依頼するか迷う方、依頼内容を確かめたい方、とりあえず話を聞いてみたい方など、お気軽にご相談下さい。

 

相続では、登記や名義変更だけでなく、相続に付随する内容も聞いてみたいでしょう。
例えば、葬儀費用は誰が負担すべきなのか?被相続人の入院費用や施設利用料、おむつなどの生活用品を立て替えて支払ったが、返してもらえるのか?細かい話ですが、とても重要なことです。法的な観点からどうすべきかのアドバイスをさせていただきます。

また、相続不動産の売却を検討されている方には、不動産の価格査定を無料で行っております。売却を検討しなくても自分が相続する不動産の価値を知っておくことは有意義なことです。その不動産に対する見方が変わるかもしれません。

なお、ご相談は、ネット予約がとても便利です。

当事務所のホームページからネット予約のページに進んでいただき、空いている日時を選択し、必要事項をご入力して送信します。これで相談予約は完了です。とても簡単に予約ができます。また、ご予約後は、予約内容の確認メールが届くようになっています。お間違いないか確認できるのです。

24時間、365日いつでもどこでも空いている時に気軽に相談予約が可能です。ぜひご利用してみて下さい。

3 事前にお見積りを提示します

いざい相続登記(名義変更)相続不動産の売却などを依頼しても、いったいいくらかかるのかわからないようでは不安です。
そこで、名古屋のごとう司法書士事務所では、必ずご依頼前にお見積りをお伝えしています。

どのタイミングで支払いが必要になるかもご案内しますので、安心して任せられます。いきなり請求がくる心配はありません。

費用には司法書士報酬と手続きに必要な実費があります。例えば、相続登記や名義変更手続きの実費では、登録免許税があります。登録免許税とは、相続登記を申請する際に納める税金です。実費の割合は登録免許税が大きくなることが多いです。名古屋のごとう司法書士事務所では、ご相談時に不動産の評価証明書等を拝見してその場で登録免許税の計算をします。およそ相続登記でかかる実費と司法書士報酬をお伝えしますので、安心して任せられます。

 

もちろんお見積り提示のその場でご依頼を決める必要はありません。後日、ご依頼をする場合にご連絡頂ければ大丈夫です。その点もご安心下さい。

最後に ~相続のやり方は人それぞれ異なります~

私は、大学卒業後、銀行に就職し、その後、司法書士試験に合格しました。合格後も司法書士や弁護士の事務所での勤務を経て、独立し10年以上が過ぎました。

独立当初からの理念があります。

「難しいことを簡単に」というテーマを掲げて、独立しました。

法律という面倒でマイナスイメージがつきまとうものをいかにわかりやすく、正確に伝えるのか。依頼者の人に有益な情報として提供したい。そんな気持ちで始めました。今でも変わらず心がけています。

法律や難しい登記手続きで困っている人たちをたくさん見てきました。そこで、自分にできることを問い続けながら日々役立ちそうな知識や経験を積んできました。司法書士である私が、なぜ、宅地建物取引士の資格を持ち実際に不動産売買仲介をしているのか。過去の依頼者の方が不動産の売買もやってほしいと言われたのきっかけでした。

自分に求められる役割は何でもこなしたい。そんな気持ちで奮起して不動産売買の仲介業務をはじめました。はじめて見ると司法書士と宅地建物取引士はとても親和性が高く相乗効果がある資格でした。このダブル資格で不動産に関しては法律、登記、売買実務まですべて網羅的に理解できました。

 

これからも、ご依頼者の方が求められることを探求し、向上していきたいと思っています。

 

相続のやり方や進め方は、人それぞれ異なります。依頼者の方に合った最適なやり方や進め方を見つけて、満足のいく相続手続きをしていくことを目指しています。

 

名古屋のごとう司法書士事務所では、お客さまの声を大切にしています。ご縁があり、ご依頼頂ける場合は、ぜひみなさまのご感想やご意見をお聞かせ下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。