相続で不動産の名義変更をする際の書類について【名古屋のごとう司法書士事務所】

お問い合わせはこちら

お知らせ

相続で不動産の名義変更をする際の書類について【名古屋のごとう司法書士事務所】

2020/02/09

相続登記はなぜ難しいのか?

相続による不動産の名義変更で一番難しいことは何でしょうか?

相続登記の前提となる遺産分割協議の難しさもありますが、わかりやすいところで行くとやはり必要な書類を揃える事でしょう。皆さんここでつまずいて、いやになってしまいます。

 

では、なぜ、めんどくさいと感じてしまうのか、また難しいと感じてしますのか。

今回はその辺りを司法書士として感じている点から解説してみたいと思います。

1.つまずきやすい点

不動産の名義変更手続きを行う際、最初に行うのは戸籍集めです。

亡くなった被相続人の出生から死亡までの除籍、改製原戸籍などを揃えます。一見簡単そうですが、そうともいえません。

 

例えば、本籍地を転々と変更している場合は、それぞれの本籍地をたどりながらひとつひとつ交付請求をしていきます。郵送を利用するにしてもかなりの時間を要することもしばしばあります。

 

また、戸籍を読み解くこともひと苦労なのです。電子化された現代の戸籍ではなく、手書きの戸籍を読み解くには慣れが必要です。独特の癖があったり、古い漢字が使われており、読むことに慣れていないとなかなか解読が難しいと思います。戸籍の意味がわからなければ、次の請求先やどこまで戸籍が必要なのかなどわからないのです。

 

これらの戸籍収集は、慣れていない場合、かなりの時間を要することもあるので、相続登記を早く済ませたい場合は、注意しましょう。特に自分で相続登記をやろうと考えている方は早めに準備をしないとなかなか予定通りには進まないかもしれません。

2.必要書類が用意できない場合

名義変更手続きに必要な書類のうち、中には用意できないものがあるのです。

例えば、古い相続では焼失や廃棄処分などで戸籍や住民票除票などが取得できないことがあります。このような場合は、そのままでは相続登記はできません。代わりに何か別の書類を提出する必要があるのです。それが権利証だったり、固定資産税の納税証明書だったりします。各法務局によって取り扱いが異なりますので、注意しましょう。

 

また、遺産分割協議をしようにも、相続人に認知症の人がいたり、行方不明の人がいたりする場合もあります。また、相続にが未成年者の場合だってあります。

このような場合には、成年後見人や不在者財産管理人、特別代理人等を選任しなくてはいけないかもしれません。この辺りになると、自分だけで処理することはかなり難しい手続きになるかもしれません。家庭裁判所に申し立てを行いますので、裁判手続きが必要です。そのような場合、司法書士などに相談された方が、登記手続きも含めてスムーズに進むと思います。

 

最後に

以上、今回は、名古屋の司法書士が、相続による不動産の名義変更の手続きでも、一番厄介な書類についてご説明しました。

 

会社印の方やお仕事をされている方が、市区町村や法務局を相手に平日昼間の時間を確保することは容易ではないと思います。法務局への相談も一度で終わることはないのが通常です。何度も足を運んで書類と整えてやっと申請にたどり着くケースも多いとお聞きします。余裕ともって準備するようにしましょう。

 

名古屋のごとう司法書士事務所では、相続による不動産の名義変更から、遺産分割、相続不動産の売却など、相続に関するトータルサポートをする体制を整えています。積極的にご相談をお受けしておりますので、お困りの際にはお気軽にご相談下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。